実証実験TOPへ

実験について

長周期地震動の予測情報を提供する際の課題の抽出や利活用方法の検証を行うことを目的に、防災科研と気象庁は2017年度より実証実験を共同で実施しています。
この実証実験では、実験に参加される皆様が防災科研の開発した「長周期地震動モニタ」を御利用いただくことにより、地震が発生し緊急地震速報が発表された際に予想される長周期地震動階級等を即座に御覧いただけます。
2018年10月より「長周期地震動モニタ2018」をリリースし、皆様に御利用いただく実証実験の第2期を実施します。
「長周期地震動モニタ2018」では新たに以下の機能を追加しました。
(1)それぞれのユーザーが予め指定した地点の長周期地震動の予測情報を御覧いただけます(2地点まで指定できます)。
(2)「長周期地震動モニタ」と「強震モニタ」を同時にもしくは切り替えて御覧いただけます。
2017年度の実証実験第1期と同様に、参加者の皆様には予測情報の実際の利用方法や使いやすさなどに関するアンケート調査への御協力をお願いいたします。

  • <実証実験第2期について>
  • ■実験期間:2018年10月25日10時より2019年3月31日まで(予定)
  • ■参加募集人数:登録完了順に先着3000名様
  • ■参加費無料
  • ■実験期間中に実施するアンケート調査へのご協力をお願いいたします
  • 実験に参加するには、参加登録フォームより参加登録してください。登録されたメールアドレスには、防災科研・気象庁から各種連絡をすることがあります。
  • 本実験には無償で参加できます。ただし、配信データを受信するための通信費等の費用は、参加者の負担となります。
  • 実験で配信するデータは、媒体・形状を問わず再配布(二次配布)を禁止します。

長周期地震動についての詳細は、こちら(気象庁のページ)をご覧ください。
※本実験は、気象庁による「多様なニーズに対応する予測情報検討WG」における「多様なニーズに対応する長周期地震動の予測情報に関する実証実験」の一環として実施します。

長周期地震動モニタ2018の概要

長周期地震動モニタ2018改良の概要
 

問い合わせ先

lmoni-exp@bosai.go.jp

まで、メールでお問い合わせください。