長周期地震動の予測情報に関する実証実験

長周期地震動の予測情報に関する
実証実験第3期を開始します
―長周期地震動モニタ2019を使って、御意見をお聞かせください―
目的
長周期地震動の予測情報を提供する際の課題の抽出や利活用方法の検証を行うことを目的に、防災科学技術研究所(以下、防災科研)と気象庁は2017年度より実証実験を共同で実施しています。この実証実験では、実験に参加される皆様が防災科研の開発した「長周期地震動モニタ」を御利用いただくことにより、地震が発生し緊急地震速報が発表された際に予想される長周期地震動階級等を即座に御覧いただけます。
概要
2019年11月より「長周期地震動モニタ2019」をリリースし、皆様に御利用いただく実証実験の第3期を実施します。
  • 実験期間:2019年11月12日から2020年3月31日まで(予定)
  • 参加募集人数:登録完了順に先着3,000名様
  • 参加費無料
新機能
「長周期地震動モニタ2019」では新たに「訓練モード」の機能を追加しました。「訓練モード」では、各参加者が予め指定した時刻に過去の大地震時の長周期地震動の予測・観測情報を提供します。これによりいつでも大地震時の揺れを長周期地震動モニタ上で再現でき、あたかも今地震が発生しているものとしてとるべき対応の確認や検証ができるようになりました。大地震の例として、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震等のデータを提供します。
また、2020年1月より、アンケート調査でご要望の多かった「緊急地震速報発表時のポップアップ・通知」に対応し、長周期地震動モニタ通知機能を追加しました。通知機能の詳細はこちらをご覧ください。
第3期での改良のポイントにつきましてはこちらをご覧ください。
アンケート
アンケート調査は終了しました。ご協力ありがとうございました。
2画面モニタイメージ

長周期地震動モニタ2019のイメージ
(訓練モード時)

過去の大地震時の様子をご覧いただけます。

(AVIファイル。再生ソフトが起動します)

NIED 国立研究開発法人防災科学技術研究所

この実証実験は防災科研と気象庁の共同で実施しています

実証実験第3期について報道発表しました。(PDF)

リーフレットはこちらです。(PDF)

長周期地震動階級の解説等、本実証実験全般については、こちら(気象庁のページ)も御覧下さい。