長周期地震動の予測情報に関する
実証実験を開始します

―長周期地震動モニタを使って、ご意見をお聞かせください―

長周期地震動の予測情報を提供する際の課題の抽出や利活用方法の検証を行うことを目的に、
防災科学技術研究所と気象庁は共同で実証実験を下記のとおり実施します。
この実証実験では、実験に参加いただく皆様に防災科研が開発した「長周期地震動モニタ」を
御利用いただき、地震が発生し緊急地震速報が発表された際に予想される長周期地震動階級等を
瞬時に御覧いただきます。
参加者の皆様には予測情報の実際の利用方法や使いやすさなどに関するアンケート調査への
御協力をお願いいたします。
   
  • ■実験期間:2017年11月14日10時より2018年3月31日まで
  • ■参加募集人数:登録完了順に先着3000名様
  • ■参加費無料
  • ■実験期間中に実施するアンケート調査へのご協力をお願いいたします
2017年11月18日17時00分から20日9時40分の間、システム不具合により新規の参加登録を正常に実施いただけませんでした。ご不便をおかけし申し訳ありませんでした。現在は復旧し、正常にご登録いただけます。

はじめての方はこちら
参加登録を行う

アカウントをお持ちの方はこちら
長周期地震動モニタを開く

無料!
長周期地震動モニタ_警報時_熊本地震
長周期地震動モニタのイメージ
長周期地震動階級の解説等、本実証実験全般については、こちら(気象庁のページ)も御覧下さい。

高いビルなどでの揺れの大きさを表す「長周期地震動階級」

高いビルなどでの揺れの大きさを表す「長周期地震動階級」
イラスト出典 : 気象庁 | リーフレット「知ってる? 長周期地震動のこと」